スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

山腹工工事

2017/02/20
申し訳ありませんでした!
またまたPASS忘れてしまいまして、なかなか更新できませんでした。

去年の秋に完成した工事です。
地すべりで表土が崩れ、農業用排水を塞ぎ、耕作地に土砂が流れ込んだ法面の復旧工事です。

着手前(ちょっと始まってますが・・・)


まずは伐採後、表土と根っこを撤去します。
DSC_0435_20170220173118808.jpg

土質は、砂質土系?(水分を含むとべちゃべちゃになる)
DSC_0504.jpg

写真ではかなりわかりにくいですが、高含水比で標準キャタピラーでは作業ができないため、すべてワイドシューを履いた重機を使用(標準キャタピラーはキャビンまで埋まりました)
DSC_0543.jpg

写真では伝わらない苦労をしながら、現場は進んでいきます。
PB150004.jpg

完成すれば、最高の作品になります。
PB150003.jpg

上部は早期の植生を目的とした植生マットを施工、下部は岩盤が露出したため、設計変更で切土勾配を変更してもらい、植生は無し。
岩盤層が弱い法尻部に『EGBOX』を3段、H1.5m設置。
中詰め材は、単粒砕石を入れることによって、工程を短縮することができました。

上部からの雨水、法面からの湧水は縦排水によって集水して排水。

土質、湧水に悩まされた現場でした。



スポンサーサイト
comment (0) @ 山腹工工事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。