防火水槽新設工事 潜函工法 その2

2015/02/18
昨日の続きです。

ちゃんと更新しました(笑)

頂版も補強材がついた鉄板を設置し
RIMG0194.jpg

円形で型枠を設置し、コンクリートを打設すると
P1070009.jpg
こんな感じ

土被り50㎝です。

これから、マンホールの取り付けやら、看板設置やら路盤、舗装なんかいろいろあるんですが・・・

ブッ飛ばして

内面も溶接接合箇所にFRPを施工し、きれいなブルーを塗って
P1120047.jpg

ぴっかぴか
P1130067.jpg

これが着工前
PB130013.jpg

完成
P1220002.jpg

マンホールしか出ないのが寂しいけど。

今までの蓋のない防火水槽では、子供が落ちる危険もあり。

貯水量約15m3に対し、約3倍の40m3を貯水できるタンクに生まれ変わりました。
まぁ、使うことがないのがいいんですが・・・

近接の納屋、塀等、周辺構造物に影響がでなくてよかったです。
comment (0) @ 防火水槽工事

防火水槽新設工事 潜函工法 その1

2015/02/17
5年ぶりの潜函工法防火水槽設置工事でした。

まずは着手前


横に納屋が近接しており、周辺道路も狭く施工しにくい場所でした。

そして、既設水槽の撤去。
PB250016.jpg

それと並行して、金沢の工場にて製品検査
PB270032.jpg

掘削が完了したら、4分割された製品の搬入、設置作業
本当に狭かった(汗
PC090007.jpg

設置完了、ここからが本番です。
管体内部の掘削をしながら、躯体を押し込んでいきます。
PC120067.jpg

設計の高さまで到達したら、基礎砕石、均しコンクリート、今回は配筋の代わりの補強材を設置
RIMG0147.jpg

これでコンクリートを打設すると底板が完了。

続きは明日・・・かな?(笑)
comment (0) @ 防火水槽工事

FRPに萌え

2008/08/02
防火水槽工事

今度は、底版の施工です
コンクリート床版の上に3分割の鉄板を設置し、溶接で接合します
20.8.2 007
20.8.2 017

支柱の設置
20.8.2 011

その上に、今度は頂版の鉄板を設置し、溶接にて接合
20.8.2 015

鉄筋を組み立てて
20.8.2 041

コンクリート打設
20.8.2 063

中のFRPを塗布
20.8.2 057
完了♪
20.8.2 067


このような、防火水槽も製造しているガソリン地下タンクシェア日本一の玉田工業㈱♪

そんなFRPで守られた『デポエンジェル』
img.jpg
災害に強い震度6弱の激震にもびくともしない耐震設計

ご家族みなさまの大切な家財を守り、また防犯の面でもワンランク上の安心が生まれます

環境に優しい長寿命スチールとFRP、断熱材を複合した独自技術の円筒形ボディ

経年変化を受けつけない高気密・恒久性を実現しました

快適な庫内環境内壁には、調湿・防黴・防臭・抗菌性に優れた天然漆喰塗装を採用

カ所の給排気口が、庫内の温度と湿度をコントロールします。

カンタンな施工で高品質工場一貫生産ですから現場での複雑な建設工程が必要なく、短工期・低コストを実現

玉田工業創業58年の技術を集めたプレミアム製品です

お問い合わせは、お気軽に『(有)鎌仲建設、土木萌えの担当』まで♪
http://kamaken.okoshi-yasu.net/index.html

当社ホームページもよ(^○^)ろ(^○^)し(^ー^)く(^○^)ぺこm(_ _)m
comment (2) @ 防火水槽工事

防火水槽掘削に萌え

2008/07/29
防火水槽工事、掘削作業です

じゃんじゃん、バックホウにて缶体内部の土砂を排出していきます。
20.7.25 008

土砂を取り除き、缶体を押し込んでいきます。
どんどん下がっていきます
20.7.25 013

ちっちゃいバックホウを投入して、さらに掘削していきます。
さらに地中に
20.7.25 017

計画高さまで、いきました
20.7.29 005

ここから、砕石を敷き均し、均しコンクリートを打設。
そのあと、鉄筋を組み立てていきます。
20.7.29 010

それが完了したら、コンクリートを打設
20.7.29 016

今度は、底版、頂版の施工です

自社の掘削作業に萌え


comment (2) @ 防火水槽工事

防火水槽施工に萌え

2008/07/24
昨日から、先日工場検査の済んだ防火水槽の現場での設置工事が始まりました。

部材がトラック台に分けられて・・・
キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!


まずは、搬入された部材を順番にレッカーにて設置していきます。
20.7.23 025

設置完了後、継ぎ手部分の溶接を行います。
20.7.23 062

そのあと、黒い溶接完了部にFRPを施工し、最後にトップコートの青で塗装します。
20.7.23 074

これで、鉄板部の防水加工はばっちりです
明日から掘削作業に入ります。

このような防火水槽にも使われている技術で作られた地下収納庫デポエンジェルも
玉田工業の製品です。
弊社にて取り扱いしております。
26.jpg
土地の有効利用に是非
詳しくは、横のリンクより当社ホームページへ

今日は、見るものすべてがおもしろかった技術に萌え
comment (0) @ 防火水槽工事