スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

完成萌え

2008/10/07
大境にて、施工していた側溝工事が完了いたしました

着工前
20.7.17 大境着工前 018
完成
20.10.7 017

着工前
20.7.17 大境着工前 020
完成
20.10.7 019

今までの側溝は、土砂やヘドロが堆積し、雨水などが流れにくい状態で、側溝としての機能はほとんどありませんでした。

また、それぞれの家の方が置いた鉄板、これもがたつき、開口部があったり、ひっかかったりと歩行者にも危ない状態でした

しかーし
施工中に、驚くべき事実が・・・

なんと、いま施工した側溝の右側、昔は砂浜だったそうで
左手のなんかは、台風なんかくると、波が玄関まで迫ってきたそうです
そして、二枚目の写真の木造の車庫、ここに昔船を入れていたそうです

時代の流れってすごいですね

この写真から、もう200mほど行った所に洞窟があります。
これは、日本で最初に調査された洞窟遺跡です。

《大境洞窟住居跡》国指定史跡
灘浦海岸に面した縄文中期~近世にいたる洞窟の複合遺跡で、奥行35m、入り口の幅16m、高さ8m。波浪によってできた海食洞で第三紀鮮新世の石灰質岩盤。現在の床面は海面より約4m高くなっています。発掘は大正7年(1918)、洞窟内にある白山社改築の際、多数の人骨、獣骨、土器類などが出土したことから、本格的な調査が行われました。調査の結果、縄文中期から近世までのバームクーヘンのような上下6層の文化層が確認され、ことに弥生時代を中心に20体以上の人骨が発見されました。この発掘によって縄文文化と弥生文化の時間差が分かったほか、縄文期の大型石棒・石庖丁や、弥生人骨の抜歯の風習や顔面装飾(頭骨に赤い塗料のついたもの)が注目を集め、日本の考古学史上に残る遺跡として評価されています。
だそうです
ozakai_p.jpg

氷見にお立ち寄りの際は、是非ご覧下さい

はぁ・・・書類作らなきゃ

大境、工事完成に萌え
comment (2) @ 工事日記
書類燃えΨ(`◇´)Ψ | 交通指導に・・・

comment

おつかれー : たかし @-
終わりましたか~i-179大境 お疲れ様でしたi-234 大境洞窟は全国でも貴重なんですよね~ そのわりには知られてないよーな、、 僕がチビの時、よく洞窟で遊んでました もっとPRしなきゃね~ 
2008/10/09 Thu 20:18:06 URL
たかしさんへ : かまちゃん♪ @-
ありがとうございますi-185
そうなんですよねi-229
結構、有名なんですよね。
一日に、一台は観光バスi-35来てましたよi-201
灘浦の名所ですね。
2008/10/09 Thu 21:26:37 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。